お知らせ

2018年7月30日 藤岡市 低価格ノートパソコン Acer R-11 Celeronの初期化に3日

2018年8月8日

本日は、海外で購入したAcer R-11 Windows10+HDD版が調子悪くて、初期化してほしいとのご依頼。ご自身でもやってみたが、途中で止まるとのことで、起動できない状態でした。

まずは、HDDのクラスターエラーチェックをしようとしましたが、DVDの無いモデルでした。その時は外付けDVDユニットをつなぎます。また、HDDより先にDVDが起動するようにBIOS(UEFI)の設定を変更させ、修理用ソフト入りDVDを起動させます。

そのDVDにはHWiNFO64が入っていますので、HDDのエラーチェックを行いましたが、予想に反して正常でした。

リカバリーをWindowsメニューから行うと不安定になる可能性があったので、BIOSメニューの購入時状態に戻すから、実行しました。

初期化完了まで約3時間かかり完了。通常のCore-i3レベルでは30分以下ですが何倍も時間がかかりました。CPUが非力だと何をするのにも遅いということです。

ただし、Youtubeは正常に再生できていたので、利用価値はあります。しかし、予想外だったのは、アップデートに3日かかったことでした。

お客様からはアップデートの依頼は無かったのですが、おまけで無料実施しました。

初期化完了時のWindows10のバージョンは1607(2016年7月版)でしたので、最新の1803(2018年3月版)にアップデート完了。一回のダウンロードに4-5時間かかり、再起動後も4-5時間かかり、次のダウンロードも同じような状況でしたが、何とか完了し納品して喜んでいただけました。